2007年12月07日

本煤竹耳かき

一本一本ていねいに仕上げた耳ざわり最高の逸品!

こだわりの「本煤竹耳かき」

竹ならではの極細仕上げの耳かきがしなやかにしなり、ここち良く耳掃除ができますよ。

がんこな竹職人がこだわりの本煤竹(100年も昔むかしの古竹)を使用して一本一本ていねいに仕上げました耳ざわり最高の逸品です。


本煤竹とは・・
藁葺きの古い民家の骨組みなどに使用されていた竹で、長年の経過やいろりのススで茶褐色になった竹の材料のことです。

そのため、すすけぐあいが場所によって微妙に異なります。

また縄などで縛っていた場所は白っぽくなり縄目の文様がでます。

自然にできた文様がなんともいい風合いを出します。

とうぜん貴重な竹材ですので茶道具などの高級品に用いられています。

posted by みみりん at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71343154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。